iPhone スマホ

iPhoneでProxy設定の方法を説明します。

iPhone_Proxy設定

iPhone(iOS16)にプロキシー設定を行って、インターネットのレスポンスを高めます。

プロキシー設定を行うことで大手サイトなどの訪問拒否などがある場合は、そのサイトにはプロキシー設定を除外する方法なども説明します。

設定先は「Synology NASでProxyサーバーを立てます」でそちらに接続します。

※自宅や事務所のWi-Fi 環境下での設定になります。

iPhone(iOS16)のProxy設定方法(自動設定)

  • 設定」をタップして「Wi-Fi」をタップします。
iPhone_Proxyネットワーク
  • ローカルネットワークのWi-Fiの丸で囲んだ「i」をタップします。
iPhone_Proxy_wifi選択
  • 画面を下までスクロールさせて「プロキシを構成」をタップします。
プロキシを構成
  • オフ・手動・自動の「自動」をタップします。
    Synology NASのプロキシー自動接続のURL “Web Proxy Automatic Discovery(WPAD)” のURLを入力します。
    設定したら画面右上の「保存」をクリックします。
自動プロキシサーバURL

自動設定はこれで完了です。

iPhone(iOS16)のProxy設定方法(手動設定)

  • 設定」をタップして「Wi-Fi」をタップします。
ネットワーク
  • ローカルネットワークのWi-Fiの丸で囲んだ「i」をタップします。
wi-fi選択
  • 画面を下までスクロールさせてプロキシを構成をタップします。
プロキシを構成
  • オフ・手動・自動の「手動」をタップします。

    サーバ:Synology NASのIPアドレスを入力します。

    ポート:3128番を入力します。

  • 認証のスイッチをタップします。

    ユーザ名:Synology NASのID(アカウント名)を入力します。

    パスワード:Synology NASのアクセスパスワードを入力します。
  • 設定したら画面右上の「保存」をクリックします。

※プロキシサーバー経由でサイトが開けない場合は設定をオフにすると、開ける場合があります。

プロキシ手動設定

以上でiPhoneのプロキシ接続設定の説明は終了です。

お疲れ様でした。

※上記内容より、何らかの影響で不具合が生じても全て自己責任でお願いします。

-iPhone, スマホ
-